これまで、一般市民が欲しいものを手にいれるためには、既に商品として製造・販売されているものの中から、
自分のニーズにあったものを選択し、購入するというのが一般的な消費フローでした。
その背景には、プロダクトの製造に企業や工場に導入された
大型で高価な工作機器を使用する必要があったことが理由の一つとして挙げられます。
しかし昨今、技術の進歩によって、そうしたものづくりのための機器の小型化が進み、
更に一般消費者にとっても購入可能な価格帯となってきました。
なかでも、レーザーカッターや3Dプリンタ等といった、
デジタル設計データをもとに材料を加工することのできるデジタル工作機器分野が目覚ましい発展を遂げています。
しかしながら、デジタル工作機器を活用することのできる
デジタルファブリケーション能力を有した人材は、未だ非常に少ないというのが現状です。
その原因として、デジタル工作機器そのものに対する認識の低さや、デジタルデータの設計に対するハードルの高さが挙げられます。

そこで、一般市民やクリエイター、中小企業のみなさんが気軽にデジタル工作機器に触れ、活用し、
ものづくりを行なうことのできる工作室の運営を通じて、
人々のデジタルファブリケーションリテラシーを向上させるため、『一般社団法人FLAT』を設立いたしました。
市民、企業、教育研究機関等との連携により、産業や工芸、アート、デザインに関わる課題について、
調査研究、計画立案、実践、並びにこれらの支援等に取り組んでいきます。